ロックバンドSADS

SADS GOのドラムパフォーマンスが凄すぎて、清春大興奮!

SADS GO

「sads」を聞き感覚的にメンバーのことが気になる。

今回はメンバーの一人「GO」について詳しく深掘り!

ドラムのパフォーマンスが清春が大興奮するほどとは?

sadsのことを振り返りながら、調べたこと気になることを解説。

 

SADSとは

 

そもそもsadsはどんな歴史がある?

気になるのは当然、ファンなら知っているが、ここで少し振り返るのも悪くはない。

 

黒夢のボーカル清春が1999年に無期限活動停止後にすぐに結成した「sads]

その年、東芝EMIでデビュー。

みんなも知っている代表曲「赤裸々」「忘却の空」など多くのヒット曲を世に送り出してきた。

活動休止するまでに、リリースされた曲は9枚のシングルと6枚のアルバムだった。

当時は映像作品は珍しかったが、sadsは映像作品もリリースしており活動休止後は「清春」ソロで活動していく。

 

2010年の黒夢とsadsが同時に復活する、その際黒夢日本武道館で公演をしたら。

7月には7年ぶりとなるアルバム「THE 7 DEADLY SINS」を発表それから、11月には全国ツアー「ANDROGY INSANITY」を開催してる。

 

ファンなら知っていることだと思うけど、歴史は長く抜けがあるといけないのでおさらいしておく。

知らないことはありましたか?

 

sads メンバーを知っておくことは大切なポイント

 

メンバーの入れ替わりもあったけど、sadsの最終メンバーをピックアップして紹介

 

・ボーカル  清春 (1999 – 2003、2010 – 2018)

SADS休止後はソロで活動。2010年より、ソロ活動と並行して黒夢、SADSの活動を再開してきた

 

・ギター  K-A-Z (2010 – 2018)

栄喜 (SIAM SHADE) とのユニットDETROXとしても活動していた。

 

・バス  YUTARO (2017 – 2018)

undervárのベーシスト。シシド・カフカのサポートも務める。ex.JELLY→、ex.LAID BACK OCEAN。JELLY→のインディーズ時には清春のレーベルFULLFACEに所属していた。2017年4月15日より加入

 

・ドラム GO (2010 – 2018)

ロックバンドSUNS OWLのリーダー、地獄カルテットでも活動中のドラマー。

 

メンバーは一人一人がかっこいい、その中でも今回はドラム GOにフォーカスを当て深堀!

 

ドラマーGOとはどんな人??

 

GOは日本のドラマー。東京出身。本名不明。SUNS OWL、地獄カルテット、SADSのドラマーである 

生年月日:1971年2月18日

これが一般的に出回っている情報なのですが、調べていてもこれ以上の情報は出てこないのはさすがはですが、ファンにとって「GO」だけ知っていれば十分なところはあるよね。

そして、ドラムパフォーマンスが痺れるぐらいかっこいいことで知られている。

そんなドラマーの「GO」ですが、囁かれていることがあるのはご存知でしょうか?

それは、「電子タバコの社長なのか?」

生年月日:1971年2月18日

 

ドラマーGOは電子タバコメーカーの社長なの??

 

ネットサーフィンしていたり、ファンの方なら小耳にしているはず。

 

「電子タバコの社長なのか?!」

 

これは気になる人は多くいますが、結論を伝えておきたい。

 

「代表なのは電子タバコ(VAPE)でイベントに出演した」

情報量は少ないので、ハッキリとしたことは申し上げにくいのじ正直な反応。

 

「BeyondVape」の日本1号店が、東京・原宿にグランドオープン。した際にスペシャルイベントに出演したということは事実。

 

イベントの際にメンバーのコメントを見てみた。

 

「sads」メンバーの「KーAーZ」が自身のFacebookでこんなコメントを残している。

 

引用:Sads ドラマーGOが代表を務めるアメリカの電子タバコメーカー

Beyond Vape Japanのレセプションパーティーの様子がUPされている

当日はとても楽しかったです。

 

 

メンバーが「ドラマーGO」が代表を務める。っとコメントをしています。

しかし、情報が2015年ほどなので、詳細が見れません。

 

 清春大興奮!!ドラマーGOのドラムパフォーマンス!!

 

清春も大興奮するほどの腕前の「GO」ですが、一体どんな風に興奮しているのか?

 

ファンなら知っているかもしれませんが、知らない人のためにも動画をご覧いただきたい。

 

 

YOU TUBEに上がっている動画ですが、カッコよすぎる「GO」のドラムパフォーマンス

 

わかりやすく、文章よりも動画を見てもらった方が臨場感は伝わってくるよね?

 

sads「GO」に触れてきましたが、他のメンバーも一人一人個性があり、個性を前面に出して活動してきたのは伝わった。

 

こちら以外にも他の記事をまとめておりますので、ご覧していってね。 

ABOUT ME
shijimi3
shijimi3
ontameブログを訪れて頂きありがとうございます。 ギター弾き語り好きな男性のアラフォーで、個人でビジネスをして生計を立てております。 どうぞよろしくお願い致します。